将来の夢と深津絵里さん主演ドラマ『恋ノチカラ』

記事内にプロモーション・広告が含まれています。

幼稚園の頃、先生が将来の夢をお絵描きしましょうと言いました。

周りのみんながお花屋さんや宇宙飛行士を描く中、私にはなりたいものがありませんでした。

子どもながらに「将来のことなんてまだわからないよ……」と思っていたのです。

そこで、家でよく考えてから描こうと思い、白い紙をくるくると筒状に巻きバッグの中にしまったのですが、それが先生に見つかり、なぜ将来の夢を描かないんだと居残りさせられてしまいました。

けっこうスパルタな幼稚園でした。

特に将来の夢がなかった自分ですが、小学生に入ってから『恋ノチカラ』という恋愛ドラマを観て大変衝撃を受けることになります。もう20年くらい前のドラマになるんですねー。

あらすじ
大手広告会社に勤めるうだつの上がらない30歳のOLトウコさんが
ひょんなことから会社のトップクリエイターが独立した会社に転職し
恋や仕事に悩みながら邁進するお話です。

小学生だった私はこのドラマを観て、広告業界という存在を初めて知りました。

缶コーヒーのデザインや、トラックの広告をつくるなんて、なんてかっこいい仕事なんだ!わたしも広告の仕事がしてみたい!と、ここでようやく将来の夢が見つかったのです。いわゆる憧れってやつです。(実際の職歴は後日)

深津絵里さんが演じるトウコは、ものぐさでワインをがぶ飲みするようなキャラクターですが、30歳ということで落ち着いてもいて、とても魅力的な大人の女性に見えました。

気づいたら今の自分は既にトウコさんの年齢を超えていていますが、果たして小学生の頃の憧れた姿になれたのか……。

30歳を超えてもあまり小学生の時から精神年齢は変わっていないような気がします。

目次

『恋ノチカラ』について

登場する周りのキャラクターの個性も素晴らしく、小田和正さんの「キラキラ」という主題歌も最高です。登録しなくてもFODで1話なら無料で観れるのでお時間ある方はぜひ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次